• MANAGER
  • CHEF

ABOUT shoto restaurant

松濤レストラン 支配人 蒔苗 敬生
1962年
青森市出身
1986年
都内レストランにてバーテンダーを志す
1987年
シェ松尾入社、ソムリエを志望
2000年
シェ松尾・松濤レストラン 支配人に就任、現在に至る

非現実的な空間と色彩豊かな美しいお料理をゆったりとお楽しみくださいませ。
皆様のお越しを心よりお待ちしております。

ABOUT shoto restaurant

シェ松尾 オーナーシェフ 松尾幸造
1967年
スイス留学。ローザンヌ・ホテル学校でホテル経営を学ぶ
1969年
フランス留学。
パリ「ラセール」、ロアンヌ「トロワグロ」、モナコ「ホテル・ド・パリ」等フランス各地の料理を学ぶ
1975年
モナコ王宮晩餐会に料理人として参加
1976年
アルパジョン料理コンクールで金賞受賞
1977年
イギリス留学。
ロンドン・ヒルトンホテル、サヴォイホテルにてホテル経営の実践を学ぶ
1979年
帰国後各国大使館等へのケータリングサービスを始める
1980年
渋谷区松濤にレストラン シェ松尾を開店しオーナーシェフとなる

「アラスカ」「オークラホテル(現・ホテルオークラ)」「マキシムド・パリ」勤務後、渡欧。スイス・ローザンヌのホテル学校で経営を学び、フランス留学。三ツ星レストランとして名高い「ラセール」「トロワグロ」などでフランス各地の料理を学び、1976年にアルバジョン料理コンクールで金賞を受賞。
1979年に帰国し、ケータリングサービスを始めながら、1980年、渋谷区松濤に「シェ松尾」を開店。以来、日本のフランス料理の第一人者として現在も幅広く活躍中。